脂性肌にはさっぱりタイプ!油分が少なく皮脂の分泌を抑えてくれるものを選ぼう!

さっぱりした化粧品を選ぼう

脂性肌の場合、お肌が極度にテカったり、べたついたりしてしまいがちです。そのため、化粧水を選ぶ際、どのような基準で選べばいいのか迷ってしまう人が多いです。肌のべたつきが目立つ脂性肌の方は、さっぱりしたテクスチャーの化粧水を選ぶことが大事ですよ。水のように瑞々しい使い心地の化粧水ならば、肌にスムーズに浸透していくからです。その逆に、テクスチャーが重い場合、べた付いてなかなか美容成分が浸透していきません。また、脂性肌で悩んでいる方は、皮脂の分泌を抑えてくれるビタミンC誘導体が入った化粧水を選んでもいいでしょう。皮脂の分泌を減らすことができれば、毛穴のつまりやニキビなどのトラブルの予防にも繋がります。

すぐに化粧水でケアすることが大事

脂性肌に最適な化粧水を選んだとしても、スキンケア方法が間違っていては意味がありません。肌のべたつきで悩んでいる場合、洗顔してすぐにスキンケアを始めない人が多いです。というのも、洗顔後の肌はサラサラとした状態になるので、そのままにしてしまいがちだからです。ただ洗顔後にすぐに化粧水を塗布しないと、皮膚は極度に乾燥にしていきます。その結果、皮膚は乾燥を防ぐために、過剰に皮脂を分泌することになります。すると、皮膚のべたつきが目立つようになり、化粧水を塗布しても浸透しにくくなるのです。このような理由から、必ず洗顔後はすぐに化粧水を塗るようにしましょう。その後、皮膚内の水分の蒸発を防ぐために乳液やクリームでケアすることが大事です。