乾燥肌や敏感肌にはしっとりタイプ!保湿効果が高く刺激の少ないものを選ぼう!

乾燥肌や敏感肌のひとにしっとりタイプの化粧水が適している理由

乾燥肌と敏感肌の方には、くすみやニキビなど肌質以外の悩みはいったんスルーして、しっとり感重視の保湿化粧水がおすすめです。乾燥肌に悩んでいる方にしっとりタイプの化粧水が適しているのは当然ですが、ではなぜ敏感肌の方にも保湿重視の化粧水が適しているのでしょう。その理由は、美白効果やニキビ予防効果など肌にプラスアルファの効果をもたらす化粧水に含まれている成分にあります。

たとえば美白化粧水には、シミの原因となるメラニンの色を薄くする効果を持つビタミンC誘導体が含まれている製品があります。ビタミンC誘導体は高い美白効果が期待できる一方で、成分自体に刺激を感じるひとも多いのが特徴です。このように保湿以外の効果が期待できる化粧水には、敏感肌のひとなら避けたほうが良い成分を含んでいることが多いのです。したがって、乾燥肌の方だけでなく敏感肌の方にも保湿を重視したしっとりタイプの化粧水が適しています。

避けたい成分と積極的に補いたい成分

ビタミンC誘導体の他にも乾燥肌や敏感肌のひとにおすすめできない成分があります。その代表がエタノールです。肌に清涼感を与えるエタノールは、揮発するときに周囲の水分も一緒に蒸発させるため、肌の乾燥を助長させる可能性があります。またエタノールはビタミンC誘導体同様、成分自体に刺激を感じるひとも多いため、敏感肌の方は積極的に避けたい成分のひとつです。

反対に、乾燥肌や敏感肌に悩む方に積極的に補ってほしい成分もあります。それがセラミドです。セラミドとは人間の肌にもともと存在している成分で、水分が蒸発するのを防ぎ肌のバリア機能を正常に保つ役割を持っています。乾燥肌や敏感肌のひとはこのセラミドが不足している可能性が高いため、スキンケアで積極的に補う必要があるのです。高濃度のセラミド配合化粧水はそうでない化粧水より価格が高くなりがちですが、その分乾燥肌や敏感肌を根本からケアすることが可能です。