脂性肌でも油分は必要!油分が少なめの乳液を選ぼう!

脂性でもインナードライ肌に注意

寝起きや洗顔後も、顔がオイリーであることを悩む人は思いのほか多いものです。そうした人は、洗浄力の強い洗顔料を使用したり、保湿過多であると思い、洗顔後に乳液による十分な保湿をしなかったりすることがあるのではないでしょうか。しかし、肌の表面がオイリーな人のすべてが脂性肌とは限らないのです。十分な保湿がされていない乾燥肌だからこそ、肌の表面に過剰な皮脂が分泌されることもあり得るのです。乾燥から肌を守ろうとして皮脂の分泌が促され、結果的にオイリーな肌になってしまう隠れた乾燥肌は、インナードライ肌と呼ばれます。つまり、自分の顔が脂性だと感じる人には、洗浄力の強い洗顔よりも、乳液による十分な保湿が重要なのです。

オイリー肌に悩む人が選ぶべき乳液

オイリー肌を改善したい人のなかには、洗顔後に化粧水をつけるだけで済ませてしまう人や、ベタつきが気になるあまり、何もつけないという人もいます。しかし、過剰な皮脂の分泌を避けたいのなら、きちんとした保湿をすることが重要です。保湿のために、化粧水や美容液をつけるだけではなく、乳液もきちんとつけることがインナードライ肌を改善するのに役立つでしょう。乳液は、肌をたっぷりの水分で潤してくれる化粧水や美容液の効果を閉じ込める、肌のふたの役割を担います。そのため、化粧水や美容液の後に、乳液をつけることは効果的です。一方、水分を閉じ込める役割は主に油分が担うため、乳液には油分が多く含まれていることがあります。隠れた乾燥肌とは言っても、皮脂の過剰分泌がある状況に、さらに油分を足すのは好ましくありません。そのため、乳液を使用することは重要ですが、選ぶ乳液は油分の含有量が少ないものが良いでしょう。